読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢追い人

"It takes a dreamer to make a dream come true."―Vincent Willem van Gogh

月曜の一限つらい

photo by D. Mitchell Photography

おひさです
つい先日、同クラの友だちのひょんな思いつきから月曜の一限つらいという曲を製作し、Twitter上で公開しました。

コチラです↓
soundcloud.com

作曲がその同クラの友だち、そして作詞と歌をぼくが担当しています。

本当は、もうすこしアレンジを加えたり、ちゃんとした環境で録音したかったのですがなかなか友だちと予定があわないためデモでの公開となりました。

この記事ではこの曲の歌詞を紹介したいと思います。
コンセプトはもちろん月曜日の一限がつらい、ということなのですが、この歌詞では期待を膨らませる週末から、次第に現実に気付き月曜日の一限に絶望していくストーリー調に仕上げてあります。

短調のため暗く、本当に一限出たくなくなったなどの副作用の報告が多数寄せられておりますが、是非覚えて歌っていただけたらなと思います。では以下その歌詞です。

『月曜の一限つらい』
作曲:かんぱん/作詞:とうよう

週末が始まる 期待膨らませる
金曜の深夜は ゴールデンタイムさ
そんな時は僕らに あったかな

バイトにサークルに 趣味にデートもあって
クサい台詞はいた そんな夜もあった
でも僕らは何かを 忘れてたんだ

夢の中の出来事 そんな時間(とき)が過ぎてく
一度寝て起きたら 待つのは現実(リアル)なのか
けたたましく鳴った 目覚ましの音色が
絶望の始まり 一限つらい

ベッドの中には 週末の残り香
鳥のさえずりだけ さわやかに響いた
そんな音色さえも 悲しみの色

重い身体持ち上げ 朝日に背を向けてた
扉開き踏み出す 眠い目をこすってた
電車の発車ブザー 二度目の目覚ましの音
天は僕を見放す 一限つらい

遅れて頭下げ うつむいて入った
教室の空気が やけに冷たかった
目の前にうつった 教師の笑い顔
「大丈夫ですよね?」 「いや遅刻です」

一限つらい

それでは乁( ˙ ω˙乁)

広告を非表示にする